LLoT当日に関するお知らせ

llot-ov

LLoTの本番もいよいよ明日に迫りました。この記事では当日に関することをいくつかお伝えします。

チケットをお忘れなく

今回もPeatixのアプリでチケットのQRコードを読み取ることによる来場者チェックインを実施します。チケットを購入された方は、チケットのQRコードを必ずご用意ください。なお、QRコードの用意に関しては、こちらの記事もご覧ください。

当日券もあります

昼の部については残席に十分な余裕があるため、当日券を発売します。料金は2000円です。ちなみに前売券も8/26(金)の24:00まで発売しています。事前にチケットを購入できる方はこちらをご利用ください。

夜の部(LLoT Night)はすでに前売を終了していますが、若干の当日券を用意できる見込みです。参加希望の方は会場の受付にてお問い合わせください。

参加者向けの無線LANを提供します

今年も参加者向けの無線LANを提供します。接続に関する情報は会場にてご確認ください。

バッテリーの充電をお忘れなく

電源コンセントの提供はありません。ご自身でモバイルバッテリーを用意するなどの方法でご対応ください。

開催記念Tシャツについて

Tシャツ付きチケットを購入された方へのTシャツの進呈は入場時に行います。また、当日のTシャツ販売は、Tシャツの残り状況を見ながら判断します。販売を行う際には場内にてアナウンスします。

昼食について

飲食店は、会場を出て右に進み、広い通り(職安通り)まで出ると、多数あるようです。会場付近の地図はこちらです。

販売と展示があります

今年もIT系出版各社にご協力をいただき、プログラミング関係を中心とする書籍の販売と展示を行います。参加する出版社は以下の通りです。

アスキードワンゴオーム社技術評論社SBクリエイティブオライリー・ジャパン達人出版会マイナビ出版USP出版

さらに、今年は「キーボードにこだわろう」というセッションに関連して、キーボードの展示も行われる予定です。

なお、展示に使用した書籍や、協賛社からいただいたグッズなどをプレゼントする抽選会を16:30ごろから行います。恒例のボール投げを行いますので、ぜひ受け取ってください。

LLoT Nightについて

夜の部(LLoT Night)が行われるwatford新宿店は、昼の部の会場(日本電子専門学校)から徒歩10分ぐらいです。経路はGoogleマップによるとこんな感じです。

昼の部の終了が16:40ごろ、夜の部の開場は17:30です。少し時間がありますので、新宿近辺を散策してからお越しください。(暑い中お待たせしてすみません)

当日の天候について

当日の東京地方は曇ときどき雨、最高気温は29度という予報が出ています(8月26日8時発表)。明日は傘も用意した方がよさそうです。気をつけてご来場ください。

それでは明日、LLoTでお会いしましょう!

LLoTプログラム確定

llot

LLoTまであと2週間となりました。

今年も開催間際になってようやくですが、全プログラムと時間割が確定しました。発表者も、一部未定のプログラムもありますが、だいたい出そろいました。

プログラム、発表者、時間割の詳細は、LLoT Webサイトのプログラムのページをご覧ください。

LLoTのチケットはPeatixにて発売中です。今年は昼の部と夜の部で会場が異なりますので、チケットもそれぞれお買い求めください。

なお、夜の部で行います「帰ってきたデモ自慢」は、発表者がまだ定員に達していないため現在も募集中です。発表者は夜の部に無料招待されますので、ふるってご応募ください。詳しくはデモ自慢の募集記事をご覧ください。

「帰ってきたデモ自慢」出場選手募集のお知らせ

LLoTでは「帰ってきたデモ自慢」セッションを開催します。あなたの自信作をアピールするまたとないチャンスです。素晴らしい作品には惜しみない賞賛が、つまらない作品には容赦ないブーイングが与えられることでしょう。この試練に立ち向かう勇者よ来たれ!

  • 日時: 2016年8月27日(土) 19:00〜
  • 場所: 東京新宿歌舞伎町「watford新宿店」
  • 対象作品: 自作のソフトウェアまたはハードウェアまたはその両方
  • 応募資格: 当日会場で発表できること。会場からのツッコミに耐えられること。
  • 募集人数: 若干名
  • 持ち時間: 1人5分
  • 応募方法: 応募フォーム←から応募してください。作品の概要やアピールしたい点もお忘れなく。
  • 締め切り: 7月17日(日)23:59 8月20日(土) 23:59まで延長します。

※応募者多数の場合は実行委員会で選考させていただきます。

なぜLightning Talks (LT)ではなくデモか?

2005年のLLDN (Lightweight Language Day and Night)では新宿歌舞伎町のロフトプラスワンをお借りして通称LLNightを開催しました。出し物は「だめ自慢」と「デモ自慢」。だめ自慢は2014年のLL Diverで「帰ってきただめ自慢」として復活しましたが、今回歌舞伎町にLLイベントが帰還するにあたり、初心に帰る意味で「デモ自慢」を復活させることにしました。

Lightning Talks (LT)でなくデモ。そこにはMITメディアラボの”Demo or Die” (デモかさもなくば死か)の精神が継承されています。トークでアピールするのではなく実際に動く作品を見せる。開発者冥利に尽きると言えるのではないでしょうか。

2005年のデモ自慢を見ると錚々たる発表者名が並んでいます。http://ll.jus.or.jp/2005/details/program.html

  • Gaucheで3次元プレゼンテーション 久井 亨
  • aWebアノテーションツール alog (Ruby) 沢田洋平
  • Rabbit (Ruby) 須藤功平
  • SNSエンジン OpenPNE (PHP)手嶋 守(OpenPNEプロジェクト)
  • RubyでApacheを拡張しようかずひこ(日本Rubyの会/ネットワーク応用通信研究所)
  • ppencode (Perl)竹迫良範(Shibuya Perl Mongers/ドリームアーツ)

帰ってきたデモ自慢も5年後10年後に伝説のイベントとして語り継がれることでしょう。

LLoT Webサイト公開&協賛募集

head

8月27日(土)に開催するLL of ThingsのWebサイトを公開しました。プログラムやチケット発売については、決まり次第お知らせします。

また、LLoTでは協賛を募集します。ご支援いただける企業の方は、募集要項をご覧の上、ご応募ください。

2016年のLLイベントは「LLoT」! 8.27日本電子専門学校にて開催

jec-hall-front-2

例年に比べて始動の遅かった今年のLLイベントですが、ようやく会場の確保ができ、イベント名称も決定しましたのでお知らせします。

  • 名称:Lightweight Language of Things (通称:LLoT)
  • 日程:2016年8月27日(土)
  • 会場:日本電子専門学校 9号館 メディアセンター

今回の会場となる日本電子専門学校は、LLイベントとしては2004年の「LL Weekend」以来、12年ぶりにお借りします。先日、下見に行きましたが、数年前に改装されたとのことで、きれいになっていました。

jec-hall-inside

プログラムやチケット発売については、準備ができ次第お知らせします。また、日本電子専門学校を利用できるのは17時までのため、夜は別会場にて何らかの催しを行うことを検討しています。こちらにつきましても、決まりましたらご案内します。

まずは8月27日を空けておいていただければ幸いです。
今年もLLイベントをよろしくお願いします。

LL Ring Recursive来場御礼&アンケートのお願い

2015年9月5日(土)に開催されたLLイベント「LL Ring Recursive」は、おかげさまで無事に終了いたしました。今年もたくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

今後のLLイベントのためにアンケートを実施しております。
次のイベントをより良いものにするため、LL Ring Recursive にご参加いただいた方はもちろん、残念ながらご参加いただけなかった方からのご意見もお待ちしております。忌憚なきご意見・ご感想をぜひお寄せくださいませ。

アンケートへのご回答は「LL Ring Recursiveアンケート」のページからお願いいたします。

入場時はQRコードのご用意を!

llmatsuri-ticket
LLイベントではチケット販売にPeatixを利用しており、入場時もPeatixアプリのチェックイン機能を使用してチケットのチェックを行っています。しかし、チケットのQRコードを用意して来ていない人が多く、受付でのチェックに時間がかかる事例が多数見られます。そこで、チケットの用意について、ちょっと強調してお知らせしておきます。

チケットのQRコードをご用意ください

Peatixでは以下の3つの方法でQRコードを用意できます。いずれかの方法でご用意ください。

  • iPhone、AndroidのPeatixアプリを利用して提示
  • パソコンで表示した画面を印刷して提示
  • スマートフォン以外の携帯電話で提示

くわしくはPeatixのヘルプセンターの説明をご覧ください。
「Peatixのチケットについて」

iPhone/AndroidのPeatixアプリでQRコードを表示する際の注意点

チケット表示のためにはPeatixアプリにてログインをする必要があります。事前にログインをしておいても会場受付にてアプリを立ち上げた際に再ログインが必要になる場合がありますので、Peatixのアカウント名とパスワードは忘れずにご用意ください。

昨年はパスワードやアカウント名を思い出せなくて入場時に苦労なさっている方が多数いらっしゃったので、この点は特にご注意ください。

ちょっとしたノウハウとしては、QRコードを表示した画面のスクリーンショットを事前に撮っておくといいと思います。

コンビニ/ATM支払にてご購入いただいた方への注意点

コンビニ/ATMでの支払明細や領収書にはPeatixの予約情報が記載されていません。そのため、これらをご提示いただいても照合できず入場できません。必ずQRコードをご用意ください。

コンビニ/ATMでの入金後1〜2時間程度で、Peatixに登録されているメールアドレスにチケットお申し込み詳細のメールが届いているはずです。そのメールを確認し、上記「チケットのQRコードをご用意ください」にあります3つの方法のいずれかを利用してQRコードを忘れずにご用意ください。

それでもQRコードを忘れてきた人は

それでもQRコードの用意を忘れてくる人はいるので、その場合は受付で検索することになるのですが、これはかなり苦労するケースが多いです。というのは、チケット購入時に本名ではなくその場で思いついた仮名で登録していたり、どのSNSのアカウントでチケットを買ったか忘れた人などがいて、検索できないという事態に陥る事例が何度もあったのです。

こういう事態を防ぐためにも、ぜひとも事前にQRコードをご用意の上、ご来場くださいますようお願いします。

LL Ring Recursive当日に関するお知らせ

llrr-tshirts

LL Ring Recursiveの本番もいよいよ明日に迫りました。この記事では当日に関することをいくつかお伝えします。

チケットをお忘れなく

今回もPeatixのアプリでチケットのQRコードを読み取ることによる来場者チェックインを実施します。チケットを購入された方は、チケットのQRコードを必ずご用意ください。なお、QRコードの用意に関しては、こちらの記事もご覧ください。

当日券もあります

今年も残席に十分な余裕があるため、当日券を発売します。料金は3000円です。ちなみに前売券も9/4(金)の24:30まで発売しています。事前にチケットを購入できる方はこちらをご利用ください。

参加者向けの無線LANを提供します

LL Ring Recursiveでは参加者向けの無線LANを提供します。詳しくはWebサイトの「会場ネットワーク」をご覧ください。会場ネットワークの構築にご尽力いただいた企業・団体も掲載しています。この場を借りて深く感謝するとともに、皆さまからも賛辞をお送りいただければ幸いです。

バッテリーの充電をお忘れなく

ネットワークについては上述の通り充実した環境を用意していますが、電源コンセントの提供はありません。ご自身でモバイルバッテリーを用意するなどの方法でご対応ください。

開催記念Tシャツについて

Tシャツ付きチケットを購入された方へのTシャツの進呈は、今年は入場時に行います。また、当日のTシャツ販売は、Tシャツの残り状況を見ながら判断します。販売を行う際には場内にてアナウンスします。記事の冒頭に掲載したTシャツをぜひ入手してください。

エアクッションで尻対策を

9年前に新木場1stRINGでLLイベントを行った際、アンケートでもっとも多い回答は「尻が痛い」でした。会場の椅子が全体的に硬く、そこに長時間座ってご観覧いただいたのが原因と推測しています。そこで今回は尻対策として、参加者全員にエアクッションをお配りします。エアといっても空気椅子ではありません。息を吹き込むとちゃんと物理的に膨らみます。尻に敷いてご活用ください。

昼食について

飲食店は新木場駅の周辺に数軒あります。あるいは、今年はホール内での飲食ができますので、近くのコンビニで弁当などを買ってきて食事をしてもかまいません。ゴミは所定のゴミ箱に捨てるかお持ち帰りをお願いします。

書籍の販売と展示があります

今年もIT系出版各社にご協力をいただき、プログラミング関係を中心とする書籍の販売と展示を行います。参加する出版社はWebサイトの「書籍販売&見本誌展示を行います」の記事をご覧ください。
また、展示に使用した書籍や、協賛社からいただいたグッズなどをプレゼントする抽選会を16:50ごろから行います。恒例のボール投げを行いますので、ぜひ受け取ってください。

懇親会について

スタッフにも「懇親会の費用っていつ払うんだっけ?」とか言う人がいて困るのですが(苦笑)、今年のチケット代は懇親会費込みです!イベントに参加したら、そのまま懇親会もお楽しみください。軽食と缶ビール/ジュース類程度ではありますが用意していますので、それらを召し上がりつつ、参加者や出演者との交流を深めてください。
なお、懇親会に先立ちまして、17時ごろからの休憩時間にレイアウト変更を行います。参加者の皆さんには、いったんホールの外に出てお待ちいただく可能性があります。あらかじめご了承ください。

LTにぜひご出場ください

懇親会の途中、18:30ぐらいから、本イベントの最終セッションとして「Lightning Talks」を行います。LTの参加者は会場にて募集します。朝から受付にLT出場者受付コーナーを用意していますので、そちらにて応募用紙にご記入ください。先着で10名程度をお受けします。
LT出場者は、新木場1stRINGの花道をテーマ曲とともに入場し、リング上で発表するという経験ができます!

当日の天候について

当日の東京地方は曇ときどき晴れ、最低気温22度、最高気温は27度という予報が出ています(9月4日13時発表)。LLイベントは8月の暑い盛りに開催しているイメージがありますが、今年に限っては例年よりも多少涼しい中での開催となりそうです。気をつけてご来場ください。

それでは明日、新木場1stRINGでお会いしましょう!

LL Ring Recursive全出演者確定

LL Ring Recursiveのプログラムのうち、未定だった出演者の交渉がすべて完了し、全出演者が決まりました。プログラムの一覧、時間割、出演者は、LL Ring Recursive公式Webサイトのプログラムページをご覧ください。
新木場1stRINGのリング上で交わされる熱いトークバトルにご期待ください!

LL Ring Recursiveプログラム&出演者発表

ll2006

LL Ring Recursiveの全プログラムと時間割が確定しました。プログラムのページをご覧ください。

LLイベントはここ2年ほど複数トラックのプログラムを編成してきましたが、今年はプロレスのリングをステージとして使用する関係上、1トラック編成になっています。

また、すでに登壇が決定している出演者の方々もプログラムに掲載しました。一部のプログラムは現在もまだ出演交渉を継続中ですが、それらにつきましても決まり次第、順次追加で掲載していきます。

著名プログラマーたちが続々とリングインし、リング上で討論するさまは壮観です。当日を楽しみにしていてください。チケットはPeaTiXにて発売中です。

Get Adobe Flash player